香典の書き方


香典の書き方についてですが、
一般的なマナーや決まりが存在します。

お通夜から三十五日の法要までなら、
「御霊前」と香典袋に書く必要があります。

「御仏前」は四十九日がすぎて、
故人が仏様になってから使用すると言う意味があるので、
お通夜や葬式のお香典には「御霊前」と言うような
香典の書き方はしません。
ただ、浄土真宗は葬儀でも「御仏前」とするそうである。
このあたりは、宗派や宗教によって
色々と違いがあるのかもしれませんね。


宗教、宗派により、色々と違いはありますが、
「御霊前」は宗教、宗派を問わずに、
香典の書き方には使用することが出来ます。
ほかに「御香料」「御香典」なども
葬儀、法要ともに香典の書き方には使用できます。

神式の場合の、香典の書き方は、
「御神前」」「御榊料」「御玉串料」と言う風に、
主にこの3つの書き方を用いて使用します。

キリスト教式の香典袋の書き方については、
「御花料」の場合では、十字のついたキリスト教専用の香典袋があり、
そちらを使用するのが一般的に見られるマナーでありますね。

「御霊前」の場合は、黒白か銀一色の水引のもので、
蓮模様の印刷などがついていない香典袋を使う事が多いです。
香典袋については決まりごともいくつかありますので
注意が必要であります。

さらに、香典袋には、中袋が使われている物が多くあり、
香典袋の中袋にも、正式な書き方があるのです。
中袋の表の書き方は、
中央に金額を漢数字で縦書きに書きます。
中袋の裏の書き方は
左下に郵便番号、住所、名前を書きます。


この様に、香典の書き方にも様々なマナーや一般的な
常識が存在するので、基本的な知識や心構えを
知っておくのもよろしいですね。

香典の書き方についてでした。

香典の書き方と見本


香典の書き方と見本について
色々とある情報を紹介したいと思いますが、
まずは、香典袋にお金を入れる前の書き方ですが、
薄い筆で書くのが相手に対してのマナーであると言うことです。
「涙でにじむ」という、意味を持ち、
濃いペンなどは控えたほうが無難です。

香典袋の裏面に金額を書いておいたほうが、
何かと確認の意味も含めてよろしいでしょう。

さて、ここで考えなければいけないのが、
香典の金額や相場であります。

香典の金額、相場は、だいたい、親戚なら3〜5万円。
親しい友人や、間柄であれば、1万円。
顔見知り程度なら3〜5千円が、
一般的な金額相場であると言われています。


冠婚葬祭である葬儀、葬式に渡す香典についてだが、
その頂いた香典に対する「香典返し」にも、
大切な、知っておかなければならないマナーがあります。

葬式のお通夜や告別式に香典を頂いたら、
香典返しを渡すものですが、
各地域によって、渡し方や時期が違うところもありますね。


ご霊前に対する香典の書き方も、
四十九日や、一周忌、三回忌、七回忌、法事、49日法要、
などなど、色々あるので、その都度、
香典の書き方や見本が変わってくるでしょう。


香典のお金を入れる袋を香典袋とか、のし袋とも言うが、
その中に入っている袋を、中袋と言う。
香典袋にも、種類が色々あり、仏式や神式(キリスト教など)によっても
選ぶ袋の違いが出てくる。
特に水引きの部分などは、宗教やs宗派によっても違いがあるそうです。

香典代や、香典帳など、書き方、見本は様々で
香典の常識やマナーを身に付ける事が大切でもあります。
なお、香典の書き方と見本の部分で、
「連名」や、「会社名」、「連盟」などの書き方があるが、
個人とは違い、法人で出す場合には、住所や、
電話番号を入れておくと良いとされています。


また、香典を郵送する場合も、現金書留に香典を入れて、
故人への有志やご家族への励ましのメッセージなどをいれてあげる
などの心配りも忘れずにする事が
常識やマナーにつながるでしょう。

香典の書き方と見本についての情報でした。

香典と弔電

香典と弔電には似たような関係があります。


香典も弔電もどちらもお悔やみや悲しい出来事に対して
使用されるものですから、少なからず繋がりはありますね。
私も香典も弔電もどちらも使った事は何度もありますが、
本当であれば、弔電も香典も使用しないでいれたらいいですね。


昔から香典や弔電ってあったのでしょうか?


香典は以前は「物」だったそうです。
かなり昔の話になるのですが、
今は香典=お金ですが、昔はお金の代わりに
お供え物として、物を挙げたんだそうですよ。


弔電は、あったのでしょうか?
元々電報は緊急用に使用されていた歴史があり、
現在の様にお祝いやお悔やみには使用されていない
と、思いましたが、この様に弔電などが出来たのは
近い昔ではないかと思われます。


香典も弔電も大人のマナーあっての事ですから、
常識や知識は大切にしたいですね。

香典と弔電

香典と弔電には似たような関係があります。


香典も弔電もどちらもお悔やみや悲しい出来事に対して
使用されるものですから、少なからず繋がりはありますね。
私も香典も弔電もどちらも使った事は何度もありますが、
本当であれば、弔電も香典も使用しないでいれたらいいですね。


昔から香典や弔電ってあったのでしょうか?


香典は以前は「物」だったそうです。
かなり昔の話になるのですが、
今は香典=お金ですが、昔はお金の代わりに
お供え物として、物を挙げたんだそうですよ。


弔電は、あったのでしょうか?
元々電報は緊急用に使用されていた歴史があり、
現在の様にお祝いやお悔やみには使用されていない
と、思いましたが、この様に弔電などが出来たのは
近い昔ではないかと思われます。


香典も弔電も大人のマナーあっての事ですから、
常識や知識は大切にしたいですね。

香典袋の書き方


香典袋の書き方についてですが、
お通夜や、葬式等、ご霊前にあげる香典袋の書き方には、
いくつかの決まりごとやマナー、一般常識があります。

香典袋の表には、「御霊前」などの文字の下に
薄墨で自己の姓名を書く事を忘れずにして下さい。
なぜ、薄い墨で書くのかといいますと
「涙で字が滲む」と言う意味合いを込めるそうです。
ですから、濃いペンなどの使用は避けたほうが良いでしょう。


香典袋の裏は、上側を上にします。
香典袋の中には白無地の封筒(中袋)が入っているものは
その中袋にお金を入れてる事です。
白無地の封筒が入っていないタイプの香典袋であれば、
そのまま包んで入れましょう。


香典袋の中袋の裏には自己の住所・自己の姓名・封入した金額を明記する。
中袋がなければ、香典袋そのものの裏に
書くことが望ましいです。


香典を頂いたそこの家族や親類が、どちらの方から
どれくらいの金額を頂いたかは、非常に重要で、
後々、しっかりと確認しなければならない事なので、
渡すほうも、相手にわかりやすい様な書き方をしてあげましょう。

それが香典袋の書き方の本当の意味ではないでしょうか。